ホワイトゆきの思いつき日記

日々の思い付きを綴る・プログラミング・株・子供・生き物の事など

日記

白猫の復活

投稿日:2017年7月1日 更新日:

白猫病に伏す

我が家の白猫はもう15歳ぐらいですが、人間でいうと70代らしいです。
それまでは、元気にしていたのですが、半年ほど前に、突然、黒い便をするようになりました。

いわゆるタール便で、食欲もなくなり、1か月ぐらいで痩せて、貧血になってきました。
貧血は、猫の場合鼻が白くなります。

こういう場合、人間ならまず消化器の癌である場合が多いので、ねこもそんなものだろうと思い、年齢も年齢だし、積極的な治療は希望しないという方針で、一応病院に連れて行きました。

病院では触診でもエコーでも大きな腫瘍は無さそうでしたが、特に、することもなく様子を見るだけになりました。

だんだん、家具の裏側とかでおとなしく寝ていることが多くなってきて、いつ逝ってもおかしくない状態だと思っていました。

素焼きのはにわの置物をよく舐めていました。貧血だから、鉄分でもを摂っているのかと思っていました。

ところが。
何故か、そのうち良くなってきました。
便の色も形も良くなってきて、食欲も出て来ました。
癌だから治るという事はないだろうと思っていたのですが、不思議なことです。

癌の自然治癒か、もともと癌でなかったのか、人間のようにCTとるわけでないのでわかりませんが・・・何だったのでしょうね。

今では、体重が減った分、身軽になったようで、食卓に垂直飛びで飛び乗ることができます。病気前にもできなかった事です。
仙人のようです。

老猫介護

我が家には、白猫の他にも5匹も猫がいます。

20年程前に一軒家に住むようになってから、ときどき、野良猫を拾って飼ってきました。
その都度、病院に連れていって、虫下しとか、予防注射とか、のみとりとかやって、少し大きくなったら不妊手術もしました。

お金も手間もかかるので、できるだけ拾わないようにしていたのですが、そのときそのときの事情でやむなく拾って、今日に至っています。

最近の猫は、栄養も良くて長寿なので、老猫の多頭飼育になってきました。
一匹だけ最初に拾った猫が死にましたが、まだ、6匹もいます。
一番若いので3歳ぐらい。あとは、中高年です。

もう、新しく飼い始めることはないと思いますが、そのうち、老猫介護問題に直面することになるでしょう。
医療費も保険が効かないので高いし。

安易に拾いすぎたかと、少し反省しております。

皆様も気を付けましょうね。

では、今日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただいて、ありがとうごさいました。



*当サイトまたはリンク先の利用により生じた損失や損害などについては、いかなる場合も一切の責任を負いません。

-日記
-

執筆者:

関連記事

株価を予測する方法を見つける方法 3

何から予想するか 関数の引数という事です。 企業の業績、世界の情勢、国内の景気などからエコノミストの人たちがいろいろ予測していますが、複数のエコノミストの間でもずいぶん予想が異なっていたり、そもそも、 …

生物の進化のことなど

  生物のしくみがいかに巧妙で絶妙で素晴らしくできているか、については多くの人々が指摘していると思います。 なんて素晴らしい生物の神秘、生命の不思議、みたいな・・・。 その通りとは思いますが …

株価を予測する方法を見つける方法 1

例えば、じゃんけん大会をひらきます。 1024人の参加者を集めて、トーナメントで優勝者を決めます。 この優勝者はじゃんけんで10連勝したことになります。 この人は、普通の人よりじゃんけんが強いと言える …

ヒトに毛がない理由

人類の進化の想像図では昔の人類ほど毛深くてだんだん進化してくると毛が薄くなってくるようです。 今生きているサルの仲間では、ヒトはかなり変な毛の生え方をしています。頭だけ長すぎる毛が生えているし、他の部 …

デルファイ・初心者に最適なプログラム言語

デルファイは知っていますか? オブジェクトパスカルというプログラム言語のコンパイラで、わかりやすいユーザーインターフェースで部品を張り付けてソフトを作っていきます。 初心者には最適だと思います。 プロ …