ホワイトゆきの思いつき日記

日々の思い付きを綴る・プログラミング・株・子供・生き物の事など

日記

消費税について考えたこと

投稿日:2017年7月5日 更新日:

 

消費税が始まって、だんだん税率も上がってきています。
その頃から、社会に格差が広がっている、という話がよく聞かれるようになって来ました。
ワーキングプアの話とか、若者の貧困とか、よくテレビでもやっています。
消費税が格差の拡大にどう貢献しているのかについて、個人的で勝手な意見を述べてみます。

消費税の正体

消費税は誰が払っているか知っていますか?
消費税はネーミングが欺瞞に満ちています。
わざと国民が誤解しやすいように名前をつけてあって、
うまいというか、狡猾というか、まるで消費者が払っているような誤解をしている人が多いのではないでしょうか。

国税庁のホームページにも以下のように書いてあります。

消費税はどんな税?

消費税は、消費一般に広く公平に課税する間接税です。(注1)
ほぼ全ての国内における商品の販売、サービスの提供及び保税地
域から引き取られる外国貨物を課税対象とし、取引の各段階ごとに
8%(うち1.7%は地方消費税)の税率で課税されます。(注2)

消費税の負担者
消費税は、事業者に負担を求めるものではありません。税金分は
事業者が販売する商品やサービスの価格に含まれて、次々と転嫁され、
最終的に商品を消費し又はサービスの提供を受ける消費者が負担す
ることとなります。

———————————国税庁HPより

では、あなたは物を買って税金を払ったことがありますか?
価格のなかに含まれていると思っていますか?
含まれていると言われれば、そんな気になるかもしれませんが、詭弁だと思いませんか?

価格には、お店の従業員の給料も含まれています、とか、お店の従業員の給料は消費者が払っています、と言っているようなものでしょう。

価格は市場が決める。事業者は付加価値の部分に課税されて税務署に支払う。なので、消費税の正体は事業税みたいな感じです。

消費税の賃金抑制圧力

この付加価値の部分というのが問題で、このために賃金が上がりづらくなってきます。付加価値の部分が給料そのものだからです。

例えば、30円の材料を買ってきて、パート従業員に50円払って働いてもらって、鉛筆を作って100円で売る場合、利益は20円ですが70円の付加価値が付いたことになります。
事業者の所得税は20円の利益の部分にかかるのですが、消費税は70円の付加価値にかかるので、例えば、原料の高騰で利益が0になってもパート従業員に支払う50円分に消費税がかかってしまうことになります。
所得税を払いたくなければ、利益を従業員の給料にまわせばいいのですが(従業員の所得税はアップしますが)、消費税を抑えたい場合は従業員の給料を抑えることになります。
つまり、所得税は従業員の給料には圧力にならないのに、消費税は給料に対して負の圧力になってしまいます。
これは、従業員のいない個人事業主でも同じことで、個人の労働の部分にかかってくるので、たとえ赤字でも働いて付加価値を作っている限り課税されます。

所得税は最低限の生活には課税しない、余った分からとる、ような性質があるのですが、消費税は赤字でも課税する、労働があるところに必ず発生する過酷な税金と言えます。

そして、所得税を払わなくて済むような「働く」低所得者にも、給料が上がりづらい圧力として大きな影響を与えています。

消費税は誰に重いか?

「働く」低所得者に対して重くのしかかる税金です。

中小事業者とそこで働く従業員に特にきびしい税金です。
消費税が始まってから、賃金が上がる話を聞いたことがありますか?

「働かない」低所得者にはあまり影響がありません。

よく年金暮らしのお年寄りに過酷だと言われますが、消費税ではあまり物価は上がりませんし、年金は物価にスライドします。
スライドしづらいのが、前述のように労働者の賃金です。

「働かない」高所得者(アパート経営、株の配当金など)にもあまり影響ないです。

つまり、「働く」ということ全体に広くかかっているのに、所得税のような低所得者に対する配慮のない直線的(所得税は累進的なので非直線的)な課税です。

なので、格差が広がりやすい税制といえます。
特に、「働かない」高所得者に優しく、「働く」低所得者にきびしいのです。

こういうことを国民がわかって、このような税制なり社会なりを選択しているなら良いのですが、大部分の人は誤解していて、理解している人は黙っている、のであれば残念に思います。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうごさいました。



*当サイトまたはリンク先の利用により生じた損失や損害などについては、いかなる場合も一切の責任を負いません。

-日記
-

執筆者:

関連記事

株価を予測する方法を見つける方法 2

何を予想するか 前回は、明日の株価について、予測不能とはなかなか言えない、予測可能というためには1個だけ関数を見つければよい、という話でした。 という事は、株価を予想できるかどうか調べるには、予測する …

株価を予測する方法を見つける方法 1

例えば、じゃんけん大会をひらきます。 1024人の参加者を集めて、トーナメントで優勝者を決めます。 この優勝者はじゃんけんで10連勝したことになります。 この人は、普通の人よりじゃんけんが強いと言える …

最初の生命

最初の生命はいつどこで現れたのでしょう。 とても興味深い問題だと思いますが、いまのところ全然わかっていないのではないでしょうか。 現存の生命は1種類? まず、現存の生命が1種類かどうかです。 生物の種 …

白猫の復活

白猫病に伏す 我が家の白猫はもう15歳ぐらいですが、人間でいうと70代らしいです。 それまでは、元気にしていたのですが、半年ほど前に、突然、黒い便をするようになりました。 いわゆるタール便で、食欲もな …

子供を東大に入れる?

我が家の子供は3人です。 1番目と3番目が東大、2番目が京大に入学しました。 1番目と2番目が現役、3番目が一浪でした。1番目と2番目は塾も行かず(夏期講習とかは行った)、3番目は予備校に通いました。 …